引越しの片付けをどうにかしたい!解決法をご紹介

不要かどうか分けられない!

引越しで一番憂鬱な事は要る物と要らない物を区別する事で、要る物は全て荷造りしてしまえば良いですが折角ですから不要な物を処分したいですよね。区別作業が大変だと感じたら、要る物をしまうダンボールと不要な物を捨てる袋を準備して作業に向かいます。要る物はそのままダンボールに入れれば区別後にまた梱包作業と二重に行わなくても良いので、生活で直ぐに使わないような季節外れの洋服や靴・寝具などから始めると良いでしょう。

業者に頼っても大丈夫です!

子供が小さくて、荷造り作業が思うように進めない時には早目に引越し業者に依頼すると良いです。出来る部分と出来ない部分で分けるのではなく、自分でやりたい部分と業者に依頼して問題ない部分で分けます。時間が迫ってくると依頼しにくくなるので、早目に決断する事が重要です。引越しギリギリまで片付けられるか不安・布団を片付けるなど当日でないと難しい作業は自分で手伝いを手配出来ない時には出来るだけ業者に手伝いを呼んでもらうと良いでしょう。

ゴミの処分と買取依頼

見積もりの時点で、ゴミの処分を依頼出来るかどうか確認します。有料の場合もありますので相見積もりを幾つか依頼して、値段だけでなく納得のいくサービスかどうかチェックします。不要な大型の家具は事前に買取依頼をしておくと、引越し先に持って行く手間もなく便利です。引き取りを引越し前日までに行っておけば、当日になって慌てる事もありませんし引越し当日は何かと忙しいので煩わしい手間は早目に解決しておきます。引越しまで時間があるケースでは自治体の粗大ゴミ処分であれば安価で済みます。

不用品の回収は手数料が掛かる場合がありますので、事前に回収業者に確認を取っておくとトラブルを回避出来ます。