一人暮らしのウォーターサーバー選びのポイントは?

向いている向いていないがある

ウォーターサーバーと言えば企業で利用するオフィスや飲食店やレストランなどで使われる美味しく冷えたお水というのがイメージでしょう。そんなビジネス向けのウォーターサーバーのイメージからは一人暮らしで利用する感じではないといった先入観を抱きがちです。しかし、一人暮らしであるが故のウォーターサーバーの利便性やコストパフォーマンスというものを考えることも出来ます。現在、多くのメーカーの沢山の種類のウォーターサーバーがあり、一人暮らしや少人数の家庭用に向けたウォーターサーバーもあるのです。

スペースを確保する!

一人暮らしならワンルームなどの間取り上、スペースに空きがないことからウォーターサーバーを視野に入れない人も多くいるはずです。ところが最近、デッドスペースを活かしたスリムなサーバーや、ハイチェストや台所のカウンターなどにも設置可能な卓上タイプのサーバーも多く、以前に比べればサーバーを置くスペースは見つけやすくなっていると言えます。ワンウェイタイプの水ボトルなら使い捨て可能で、ボトルが空になったら小さくたたんでゴミ箱にポイ出来ます。一人暮らしにはワンウェイタイプのウォーターサーバーが向いています。

水の利用ノルマはどのくらいか

サーバー代金が無料という会社は、代わりにある条件を設けていることが多々あります。どんな条件かと言えば、最も多いのが水ボトルの本数ノルマで、一定の水ボトルの本数がクリアすることで無料、クリア出来ない場合のみ、ペナルティとして利用料がかかるというものです。一人暮らしや一般家庭の場合、ノルマのボトル本数を使い切れないことも考えて、念入りに確認してから契約することが望ましいでしょう。家族なら人数と水量をかけて計算しておくことが必要です。

ウォーターサーバーとは、専用のボトルに入った水をサーバーにセットすることでいつでも温水と冷水を楽しむことができる機器です。